ENTRIES
COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

しゅんすけSWINGIN' 一人旅ビート

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
桜より桃
ちょっといいことがあったので。

あのね、ほぼ凍結しているワタクシのホームページに昨日の夜メッセージが届きまして。

ワタクシ、去年の暮れから今年のはじめまでダーラダラとネパールはカトマンズにいたのですが、何かおもろいことしてーなと、日本からワタクシのCDを送ってもらいまして、カトマンズの目についたCDショップに片っ端から乗り込んで、ソレ(CD)を置いてもらったのね。

断られたとこもあったけど…

そしたら、カトマンズに住んでるのか旅行者なのかわからんけど、向こうで購入しましたってメールがきたのね。

『桃の木の下で』をね。


ほんと、今までで一番遠いとこで売れた記録ナンバー1っつうことでテンション上がりました!

こんな感じで












わかりにくいか…

ちなみにこのCDを送ってもらった際、郵便局に取りに行ったら税金が15万円かかると言われ、揉めまくった末に約1000円の税金で勘弁してくれました。
腐ってんなネパールのガヴァメント。

でもそれより、カトマンズでこのCDを買ってくれた人にKISSしたい!

たとえ男の方だとしても!!!

いや、男ならなお!




| - | 02:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
Human


























文化遺産も自然遺産も悪いがてんで興味がないぜ!
アツいのはいつだって人だから!
| - | 10:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
カトマンズは今日も停電
昨年は砂漠やら洞窟やらインドア派の私らしからぬアクティブな一年を過ごしてしまいました。今年は気を付けて不健康な一年を過ごそうと考えております。

砂漠の夕日



砂漠に立てた家



風紋と足跡




マジックボトルゲーム




バラナシの朝日




ダージリンのトイトレイン




カトマンズの洞窟(なめたらマジで死ねる)



探検隊の皆さん




バングラデシュ人のタモイ
通称タモさん
Before



After



メンタル弱すぎてすぐへこたれるナイスキャラ



鯨を描いてくれたゆきえねえさん



というわけでまだカトマンズでグズグズしてる私



カトマンズは今日も停電です。


| - | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハロージプシー!
今月の11日にこの街に来てから早、二週間以上が過ぎてしまいました。
2日で通過するはずがこんなに長居するとはね。

ここはロマ、つまりジプシーの故郷と言われとる街でございやす!
そんなん聞いたら離れられないでしょ。

景観も信じられないくらいの御伽の国だね。
パキスタンの国境まで100km。
ここは想像してたインドではない!





















そしてパキスタンボーダーまで50kmを超えたのさ


| - | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スヌープドッグとブーチーコリンズ
  全く知らなかったけど、スヌープドッグとブーチーコリンズって親戚なんだね。甥っ子とおじさんの関係。
ちなみにスヌープは最近、スヌープライオンって名前に改名したんだと。犬からライオンに変わったんだね。ライオンはネコ科だけど…

というわけで、



二人の共演している動画!

ではなく、

ライオンの動画!


1969年、二人のイギリス人(ジョンとエース)はペットショップにラクダを買いにいきました。

しかし、檻の中に入れられていた子ライオンが気になり、急遽その子ライオンを引き取ることになりました。

二人は、その子ライオンを『クリスチャン』と名づけ、たくさんの愛情を注ぎ、そしてクリスチャンは二人の愛情をいっぱい受け、すくすくと成長しました。

自分の部屋を与えられ、トイレも使用していたようです。

しかし、そこはライオンと人間・・・クリスチャンが大人になるにつれて生活上のさまざまな弊害が生じます。

そう、クリスチャンを野生に戻さなければならなくなりました。

そして野生に戻してから一年後、ジョンとエースはクリスチャンの立派な姿を見るべく、再会しにいきます。

そのときの再会シーンがこの動画です。


果たしてクリスチャンは二人のことを覚えているのでしょうか?
















| 動物 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
春一番
何となくしばらくぶりにこれを書いてる。

最近風が強いが、春一番は二月四日を過ぎてからのものを言うらしい。立春を過ぎてから。当然か…。

音楽をよく聴く様になった。一週間に十枚ほど。スライストーンとかスティービーワンダーとかダニーハサウェイとか。新しい音楽は全然はいってこない。

島忠ホームズで板やL字金具を買ってきてレコード棚を作った。インパクト(ドリルみたいなやつ)とまるのこ(丸い歯がぐるぐる回るノコギリ)を拾ったので。

最近の近況。





| - | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 このファーブル昆虫記は集英社がかなり本気を出していて、全上下十巻、つまり二十巻で完結するのだが、まだ全部出版されてない。今のところ、8巻の上でストップしている。訳者の奥本大三郎氏の体調不良でストップしているらしいのである。この本のためだけに集英社はホームページを作ってるんだから、そりゃあもう半端ない力の入れようだね。

http://www.shueisha.co.jp/fabre/

中央図書館から取り寄せで、二、三日中には届くとのこと。冷え込むこの季節を昆虫に思いを馳せて過ごします。

ちなみに今日借りた本は、世界の昆虫図鑑(東南アジア編)1、2と 虫を食べる文化談っての。

虫ばっかだな…

ひっさびさにブログに投稿したけど、しばらく虫の話しが続く予定。








| - | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビートルズ
 その昔、実家の近所にリバプールってラブホテルがあった。当時はラブホテルなんて知らなくて、ボロボロのビニールのビラビラが垂れ下がってるその向こう側がいったいどうなってるのか気になって仕方なかった。

ある日の小学校の帰り道、どうしても小便が我慢できなくなって、人目に付かない場所を探しながら急ぎ足で歩いていたのだけどいよいよ限界ってときに、目の前にリバプールのボロボロのビニールのビラビラが。。。

それを両手でかき分けて、とうとう向こう側に侵入した。

そこは、それまで僕が知っていたホテルのイメージとはほど遠い、ジメジメしてて陰鬱な暗ーい感じのコンクリートビルディングだった。

もう我慢できなくなってたオイラはその壁に向かって排尿した。

そんでもうすぐ終わりかけっていうときに!

「こらーっ!!!!!!」

と叫びながら、上半身裸で頭の禿げたおじさんがバドミントンのラケットを持って、ジメジメしてて陰鬱な暗ーい感じのコンクリートビルディングの入り口から走って来た。

あまりの恐怖に、まだ途中なのにも関わらず中断し、ボロボロのビニールのビラビラが垂れ下がってるそれを両手でかき分けて、パンツびしょびしょにして全速力でリバプールから逃げたのさ。

 
そんな事件からしばらくして、家の物置小屋をあさってたら、親父が昔集めてたレコードの山からビートルズの7インチを数枚発見した。

ロッックンロールミュージックとかミッシェルとかイエスタデイとかさ。

そんでライナーノーツにふと目を通してみると、リバプールで出会った四人なんて書いててさ、まだ小学生だったボクちゃんが真っ先に連想したのはボロボロのビニールのビラビラが垂れ下がってるリバプールだったわけ!

しばらくは、あのバドミントンのラケットを持って追っかけてきた禿げのおっさんがメンバーだと思ってたわけよ。。。あはは。。。


なんでこんな話しをしたかというと、清志郎の文章読んでたら、ジョンとポールとジョージとリンゴの四人が近所に住んでて、バンドを組んだのが、奇跡だし神秘的にさえ感じるなんて言っててね、俺もそう思ったってわけ。



| - | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本のカブトムシ
一緒に暮らしてたアトラスオオカブトがある日、自ら家のドアをこじ開けた旅だった。
短い間の同棲が終わった。。。

とそんなところに、今度は日本のカブトムシの雄をもらった。

今度は大きな水槽に、雌も入れて、ペアにしてみた。

初夜

二人は活発にエサを取り合ってる。







卵が産まれたら来年もカブトムシと暮らすことになります

















| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
熱中症とカースト制度
先日、酔っぱらって自転車で転んで、頭打って病院に運ばれた。
熱中症と診断された。熱中症には色んな症状があるもんだ。

ワタクシの子供の頃には熱中症なんて言葉はなかった。日射病だったかな。病名はいろいろ改名されたり増えたりするもんだね。四段階しかないと思ってたカースト制度が今や3000段階あるんだと…。そんな風に???

というわけ?で…八月八日、はっぱの日にLIVEを行います。。。

近頃ワタクシ共のビートはブラジルっぽいテイストになってきた。ほんとはアコースティックダンスホールバンドを目指したのに…方向性ってのはまるで見えないもんだね。鯛を釣りに行ったのに鮪を釣ってしまったかの様に???

ドラムレスという初の編成で二回目のライブ。。。






こんなワタクシ達による































| - | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |